肝臓

二日酔いを治すしじみの栄養とは

しじみの味噌汁はとても体にいいと言いますが、具体的にはどんな作用があるのか分からずに飲んでいる人も多いようです。
しじみには、肝臓機能を回復させる働きがあり、例えば、飲みすぎで二日酔いになった際にも、しじみエキスの汁ものを飲めば、すっきりして仕事に学業に力が芽生えてくるようです。
しじみには、良質タンパク質が含まれていて、このタンパク質は、20種類のアミノ酸で構成されているのですが、これらのアミノ酸は一つが欠けてもいけない、無くてはならない存在なのです。
しかし、現実的に食材によっては、どれかが欠けてしまって、他で補わなければならないのですが、しじみには、これらのアミノ酸が全て揃っているので、これを食べるだけで肝機能を整えてくれるという優れものなのです。

昔の人は、こういったしじみの健康効果を知っていたのか分かりませんが、大切な食材として尊ばれていたので、研究や知識は無くとも、昔の人の自然な勘が働いたのかもしれません。
年末になると忘年会やら、新年会やらで、なにかとお酒を飲む機会が増えてくると思いますが、二日酔いには、やはり効果は絶大のようです。
ですから、忘年会をやる席で、なぜかしじみの味噌汁を出してくれるような居酒屋さんがあれば、先崎にしじみの味噌汁を頼めば、翌日の二日酔いに苦しむこともありませんし、常時働いている肝臓を優しくいたわってくれるのです。

又、貧血ぎみの女性にとっても朗報で、しじみに含まれるタウリンは、二日酔いだけでなく、造血作用もあるので、つまり血を作り出す作用があるので、貧血予防にもなるということですね。
あんなに小さい貝の中のあんなに小さい身の中にそれだけ多くの栄養素が入っているとは思わないかもしれませんが、凝縮されているので、是非味噌汁の具もしっかりと食べるようにしましょう。
勿論、エキスが味噌汁にも溶けだしているので、当然味噌汁もしっかりと飲み干すとより良い効果が望めますね。

Copyright(C) 2013 内蔵機能の回復に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.