肝臓

しじみでアンチエイジング

しじみというと、肝臓にいいというイメージが強いので、健康の為のものという認識が強いのですが、実際のところは、そうとばかり言えず、しじみは、実は美容においても、多大なる効果が期待できるのです。
その中でも、最近流行りのアンチエイジングケアについてですが、しじみもこのパワーがあるのだそうです。
定番のしじみエキスの味噌汁で、オルニチンを多く含んでいるしじみなのですが、このオルタニンの中に含まれるポリアミンが、細胞分裂によって、基礎代謝をアップさせ、タンパク質を作り出す作用があるとされています。

又、その他にも、成長ホルモンの働きを助けてくれるということもあって、そのエキスが入っている味噌汁はまさに理想の若返り効果というわけですね。
しじみなんて、肝臓の悪いお年寄りが食べるもの!なんて意識していた人は、これを機会にしじみを食べてみてください。
殻に入っている粒はとても小さいもので、あさりと比べると取りづらいと思ってしまうのですが、この小さい身の中に、たくさんの栄養素が凝縮されているのだと知れば、今日から一粒残らず食べる人も増えてくることでしょう。

具体的に疲れた肌を癒してくれる食品と言えば、ツルツルの肌にしてくれる鰯は、普段不規則な生活で、肌がぼろぼろだと嘆いている人に、糖質・脂質・タンパク質の基礎代謝をアップしてくれ、神経や脳機能を正常にしてくれるナイアシンが含まれていますので、疲れた肌に効果を発揮してくれます。
それから綺麗な肌にしてくれるのが、納豆で、意外かもしれませんが、ビタミンB2やEと言ったビタミンが豊富なので、美容において、とても効果があると言えます。
最後はよく知られている美の王様、トマトです。
ビタミンCを多く含んでいるトマトは、紫外線対策にもなり、しみやそばかすが出来にくい肌になるということで、今女性を中心に注目されている食材です。
このように、肌にとってとても良いとされる食品は多くありますので、是非、毎日摂取してみると良いでしょう。
4月23日はしじみの日です。思い出して食べてみましょう。

Copyright(C) 2013 内蔵機能の回復に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.