肝臓

しじみが肝臓に良いって本当?

しじみには偉大なるパワーがあるそうです。
その代表的な効果ですが、それは、肝臓にいいということです。
これは良く知られていることであり、今さら驚くことでもないのですが、しじみには、オルニチンと言われる必須アミノ酸が入っていますし、他にもカルシウムや鉄分、ビタミンB12といった成分も多く入っているので、これだけバランスの取れた食材もそうないでしょう。

又、ミネラル分も多く含んでいるので、健康の為に外からの摂取でしか摂り入れることが出来ない成分が多く入っているということもあり、人気の高さがうかがえます。
しかし、一番良いのが、二日酔いに良いということで、アルコールを飲みすぎると、肝臓の壁を破壊してしまう恐れがあり、このまま飲み続けていると、肝細胞が崩壊して、肝硬変と言った病気になってしまいます。
その為、肝臓の悪化した箇所を優しく修復してくれる作用があるのが、しじみに含まれている必須アミノ酸パワーです。

必須アミノ酸は、様々な種類があり、それら一つでも体内に欠如してしまうと、他のアミノ酸がたっぷりあっても、あまり効果の程を発揮しません。
その点、しじみは、全ての必須アミノ酸等が入っている為、一つの栄養素が欠けていても、他の栄養素で補えるというバランスの取れた、まさに理想の食材と言っても過言ではありません。
しじみには、糖質もあるのですが、この糖質がグリコーゲンとなり早い効果が期待できるエネルギー源となって、日々の生活においての疲労において、回復を早めてくれます。

又、肌荒れが気になるという方も、肝臓機能がよくなることで、肌の状態も良くなってくるので、当然、しじみパワーによって肌荒れの無い綺麗な肌作りが効果的であると言えます。
しじみなんて食べる所があまりないし、殻から取り出すのが面倒くさいと考えている人も、これだけの高い効果があると知れば、今日の献立はしじみのお味噌汁でしょうね。
そして、何よりも低カロリーなので、ダイエット中の人も、是非しじみを食べましょう。

Copyright(C) 2013 内蔵機能の回復に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.